• 旅の記録
    配車サービス「Grab」の利用方法と実際にシンガポールでの利用レポート
    2017年3月1日
  • ANA
    ANA VISA nimocaカードを徹底解説!新たなANAマイルへの道「ニモカルート」誕生
    2018年1月10日
  • 旅の記録
    配車サービス「Grab」の利用方法とマレーシア・クアラルンプールでの利用レポート
    2018年3月14日
  • ポイント
    5月から大きく変わる!JALマイルを貯める!交換レート80%を実現する「モッピールート」を解説!
    2018年4月27日
  • ポイント
    【i2iポイント】初めての1枚にオススメ!三井住友VISAデビュープラスカードの発行・利用で16,600円相当還元!
    2018年5月8日
  • 旅の記録
    【ドイツ】フランクフルト空港でRIMOWAを買う方法(購入〜免税手続き)
    2018年2月18日

スーパーフライヤーズ(SFC)の特典の1つでANA・IHG系列のホテルでの特典があります。

スーパーフライヤーズ(SFC)特典

SFCカードは、ANAプレミアムメンバー(プラチナ・ダイヤモンド)のみが発行できるクレジットカードです。このクレジットカードを保有していると、半永久的(クレジットカードを更新し続ける限り)にANA プラチナ相当の特典を受けることが出来ます。

それに加え、ANAブランドのホテルでも特典を受けることができます。

SFC特典:10%オフ・朝食無料・ウェルカムドリンク

SFCを保有していると、宿泊料金10%オフ・朝食無料・ウェルカムドリンクなどの特典があります。

主な特典の1つ目として、宿泊料金(ベストフレックス料金)から10%オフがあります。対象となる料金がベストフレックス料金のみではありますが、非常に利用しやすい料金プランで常に10%オフになるのは大きなメリットです。

主な特典の2つ目として、朝食無料があります。おそらくSFC特典として最も大きなメリットはこの朝食無料ではないでしょうか。朝食を追加すると、ANAクラウンプラザホテルでは2,000円程度かかります。それが無料なのは非常に大きいです。

特典は、SFC本会員だけでなく、家族カードでも利用できます。

利用の仕方

SFC特典を利用するためには、公式サイトから指定料金で予約し、フロントでSFCカードを提示するだけです。

予約については詳しく後述しています。

宿泊当日は、SFCカードを忘れに持って行きましょう。夫婦で宿泊する場合は2人分のSFCカードが必要になるので、忘れず2枚持って行きましょう。

チェックインの際に、SFCカードを提示すれば特典を受けることが出来ます。

対象ホテル

特典を受けることの出来るホテルは、ANAブランドのホテルです。ANAブランドのホテルは、松山全日空ホテルとIHGブランドと提携しているホテルに大きく分けることが出来ます。

松山全日本ホテルを除くANAブランドのホテルは、IHGブランドANAブランドの2つを掲げています。

IHGブランドであっても、ANAブランドでないホテルではSFC特典は使用できないので注意してください。

IHG インターコンチネンタルホテル

インターコンチネンタルホテルは最高級シティホテル・リゾートホテルと位置づけられているホテルです。

  • ANAインターコンチネンタルホテル東京
  • ストリングズホテル東京インターコンチネンタル
  • ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
  • ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

IHG クラウンプラザホテル

高級シティホテルと位置づけられ、日本国内では、ANAクラウンプラザホテルとして全国各地に展開されています。

  • ANAクラウンプラザホテル札幌
  • ANAクラウンプラザホテル稚内
  • ANAクラウンプラザホテル千歳
  • ANAクラウンプラザホテル釧路
  • ANAクラウンプラザホテル新潟
  • ANAクラウンプラザホテル富山
  • ANAクラウンプラザホテル金沢
  • ANAクラウンプラザホテル成田
  • ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋
  • ANAクラウンプラザホテル京都
  • ANAクラウンプラザホテル大阪
  • ANAクラウンプラザホテル神戸
  • ANAクラウンプラザホテル岡山
  • ANAクラウンプラザホテル広島
  • ANAクラウンプラザホテル宇部
  • ANAクラウンプラザホテル福岡
  • ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル
  • ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ
  • ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

ホリデイ・イン

ホリデイ・インは一般的なシティホテルと位置づけられ、日本で以下の3カ所で展開されています。

  • ANAホリデイ・イン仙台
  • ANAホリデイ・イン金沢スカイ
  • ANAホリデイ・イン札幌すすきの

ホリデイ・イン リゾート

  • ANAホリデイ・イン リゾート宮崎

ANAホテル

  • 松山全日本ホテル

対象ホテルをマップにプロット

国内でSFC特典を受けることが出来るホテルをGoogle Mapsにプロットしてみました。

ホテルのタイプ別に色分けしています。青色が最もホテル数の多いクラウンプラザホテルになります。全国各地にあることが分かると思います。長崎や宇部など

特典を受けるためには、対象プランでの予約が必要

SFCを保有していると、ANAブランドホテル(インターコンチネンタル・クラウンプラザホテル・ホリデイ・イン・リゾート・ANAホテル)で特典を受けることが出来ることは説明をしました。

特典を受けるためには2つの条件があります。2つの条件は、公式サイトで予約する事指定の料金で予約する事となります。2つの条件を詳しく見ていきましょう。

条件1:公式サイトで予約する事

条件1は、公式サイトから予約するというものです。ホテルの予約は公式サイトから行う方法楽天トラベルやエクスペディアなどのホテル予約サイトから行う方法ツアーやパック旅行一部として予約する方法などがあります。

ここで気をつけないと行けないのは、IHGとANAの2つのブランドを抱えているホテル(松山全日本ホテル以外全て)は公式サイトが2つ存在するということです。

1つめがIHG公式サイトです。IHG公式サイトでは、世界中のIHGブランドのホテルの予約などを行う事ができます。

2つめがANA・IHG公式サイトです。ANA・IHG公式サイトは、ANAブランドのホテルの公式サイトとなります。

 

大事なポイントは、どちらのサイトから予約を行っても、IHGとしてもANAとしても公式サイトとして扱われるという点です。つまり、どちらのサイトから予約してもIHGのリワーズクラブ特典(詳しくは後述)とANAの特典(SFC特典)を受けることができます。

条件2:ベストフレックス料金で予約

SFC特典を受けるためには、対象の料金で予約する必要があります。対象の料金はベストフレックス料金のみです。ここは重要なので覚えておきましょう。

SFC特典は、ベストフレックス料金から10%オフになります。

IHG公式サイトでは、以下の様に「ベストフレックス料金」と表示されます。こちらを予約するとSFC特典を受けることができます。料金は10%オフになる前の表記なので、表記の料金から10%オフになります。

ANA・IHG公式サイトでは、料金プランにSFCプランが用意されています。表記の料金は、10%オフされたものが表示されますのでわかりやすいです。

どちらのサイトから予約しても特典内容やサービスに差はありません。しかし、宿泊料金は完全に連動して一致している訳ではありません。すこし面倒ですが、IHG公式サイトと、ANA・IHG公式サイトの2つの料金を比較して安い方から予約するようにしましょう。

IHGリワーズクラブ

IHG系列のホテルには、共通の会員制度「IHGリワーズクラブ」があります。

リワーズクラブの会員になると、宿泊に応じてポイントが貯まります。貯まったポイントはIHG系列のホテルに宿泊する際に利用したり、航空会社のマイレージに交換することができます。

入会は無料で、ポイント加算や特典とSFC特典との併用もできるので、是非入会しておきましょう。

まとめ

ANAブランドのホテルで利用できるSFC特典について説明しました。

SFC修行を終え、SFC会員になるとANAを利用する際に様々な特典を受けることができます。それ以外にも、ホテルでも特典を利用できる事は知らない方も多いかもしれません。

SFCを保有すると、国内旅行をすることも増えると思います。日頃は価格重視でホテルを探すけど少し良いホテルに泊まりたいという場合には「ANAクラウンプラザホテル」などはとてもオススメです。日によっては、1万円/1泊 程度で宿泊できます。その際に是非、SFC特典を利用してみてはいかがでしょうか。

ホテルの関連記事
  • 【宿泊レポート】Holiday Inn Express Kuala Lumpur City Centre
  • ANAクラウンプラザホテル札幌 宿泊レビュー
  • 【SFC特典】10%オフ・朝食無料でANA・IHGホテルに宿泊できる
  • 【ホテル宿泊レビュー】Holiday Inn Inches Songdo(仁川 松島)
  • 【ホテル宿泊レビュー】ハートンホテル東品川
  • 【ホテル宿泊レビュー】ホテルメッツ水戸

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事