ちょびりっちで、セディナゴールドカード発行・利用(5,000円)で20,000pt(=10,000円相当)の案件が出ていました。どこ得でも1位となっています。

案件の概要

今回の案件は、ちょびりっちに掲載されていたものです。

掲載サイトちょびりっち
獲得ポイント20,000pt ( 10,000円相当)
獲得条件カード発行後、翌月10日までにカード利用
(税込 5,000円以上)

ちょびリッチにまだ登録されていない方

ちょびりっちにまだ登録されていない方は、以下のバナーより登録することで500ポイント(=250円相当)獲得することができます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチで獲得したポイントはニモカルートでANAマイルに交換することができます。

カード基本情報

カード名称セディナゴールド
発行元セディナカード
国際ブランドMasterCard / VISA / JCB
年会費初年度入会費無料
2年目〜 6,000円(税抜)
家族会員 1,000円(税抜)
入会資格高校生を除く18歳以上で電話連絡可能な方

カードの特徴

ポイントプログラム

セディナカードでは、200円の利用ごとに1pt付与されるわくわくポイントというポイントプログラムがあります。1pt=1円相当で、通常は200円で1ptのため、還元率は0.5%となります。決して通常の決済用のカードとしてはオススメできませんが、対象店舗では常にポイント3倍(1.5%還元)などとなりますので要チェックです。

ポイント3倍(1.5%)還元などとなる店舗は以下の通りです。

  • セブンイレブン:3倍
  • イトーヨーカドー:3倍
  • ダイエー:3倍
  • イオン:3倍
  • 宇佐美グループSS:3倍
  • 藤田観光グループ:5倍

また、わくわくポイントには「とくとくステージ」という制度があります。とくとくステージは、年間(1月〜12月)のショッピング利用額によって翌年のポイント倍率が決まるものです。

セディナゴールドカードの場合、最大1.6倍になります。

(セディナカードWEBサイトより)

  • 50万円以上の利用:翌年1.2倍
  • 100万円以上の利用:翌年1.3倍
  • 200万円以上の利用:翌年1.6倍

空港ラウンジ

セディナゴールドカードはもちろんゴールドカードなので、国内のカードラウンジが利用できます。

国内・海外旅行傷害保険

セディナゴールドには国内・海外旅行傷害保険が付帯しています。

海外旅行では自動付帯での傷害治療費用携行品損害がついています。初年度無料のカードのなかでも充実した内容ではないでしょうか。

セディナカード独自キャンペーン

ポイントサイトのでのポイントとは別に、セディナカードでも独自の入会キャンペーンを行っています。入会キャンペーンはエントリーが必須となっていますので、以下のページをしっかり確認して参加してください。6,000円相当のポイント獲得の条件も比較的敷居の低いものですのでぜひ獲得しておきたいですね。

 

まとめ

今回は、セディナゴールドカードの案件を紹介しました。私も今年の5月頃にこのカードを発行しています。この記事を書くに当たって改めてセディナゴールドカードの特徴を調べると、ただポイントのために発行するだけでなく、便利にお得に利用できる場面もおおいのではないかなと感じています。

ゴールドカードでありながら、申し込みの敷居が低いためゴールドカードを持ったことがないという方も安心して申し込みはできるのはないかと思っています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事