f:id:ttrip:20170120120246j:plain

ここ最近、国際線に乗りたいなということで突然色々リサーチしています。その中で旅作を利用するのも1つかなと思って調べていると疑問点が解消できなかったので問い合わせをして解決してみました。

ブログ等の情報から調べる

今回、旅作での旅行・PP獲得を検討するに辺りまず熟読したのがこちらの記事です。

獲得できるプレミアムポイントに関しては、旅作の場合でもプレミアムエコノミーで予約すれば問題ないだろうとわかりました。また、ビジネスクラスにアップデートも可能だとわかりました。

また、記事中には、国内線乗り継ぎを追加するとさらにPP単価が下がるという記述もあります。ここでふと旅作(プレミアムエコノミー)での予約につけた国内線乗り継ぎに対するプレミアムポイントはどうなるのだろうという疑問が湧いてきます。

ANAツアーデスクに電話

分からないこと、確証が持てないことがあるときにはしっかりと問い合わせの電話をして確証を得ることが1番です。

最初に電話し、検討している日程、路線、プレミアムエコノミーの利用、国内線乗り継ぎありなどを伝えます。そして、運賃クラスについて訪ねました。そうると「予約完了するまでわかりません」という趣旨の返答でした。その際は仕方がないなと思い、一旦予約してみようと考えていました。

しかし、ANAセールスより電話があり、再び調べ直してくれたようで、プレミアムエコノミーの場合については運賃クラスは1つに確定ですという案内をいただきました。

その際の回答をまとめると以下の様になります。

運賃倍率搭乗ポイント
国際線区間100%400
国内線区間100%0

※国際線区間は、ビジネスクラスアップグレード対象

これですっきりしました。

SINタッチのプレミアムポイントを算出してみる

電話で教えていただいた情報を元に、プレミアムポイントを計算してみます。

東京-シンガポール

基本区間マイレージ運賃倍率路線倍率搭乗ポイント獲得PP
東京-シンガポール3,312100%1.54005,368
シンガポール-東京3,312100%1.54005,368
10,736

 那覇ー東京-シンガポール

基本区間マイレージ運賃倍率路線倍率搭乗ポイント獲得PP
那覇-東京984100%201,968
東京-シンガポール3,312100%1.54005,368
シンガポール-東京3,312100%1.54005,368
東京-那覇984100%201,968
14,672

どちらの場合も、@kana_malu さんの記事内と数値が一致しました。

まとめ

国際線でのPP獲得は非常に奥が深くまだまだ勉強不足だなと感じています。それでもこうやって実際に電話したり計算したり手を動かすと徐々に理解して行けそうです。

今回実際に計算してみると、みなさんがシンガポールを選ぶ理由がわかりました。沖縄のプレミアム旅割28の競争力を考えると、非常に魅力的に見えてきますね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事