昨年12月にANA プラチナ修行のまとめとして、シンガポールに行ってきました。PY(プレミアムエコノミー)で発券を行い、行きはアップグレードポイントでC(ビジネスクラス)にアップグレードを行いました。

福岡(FUK)→東京羽田(HND)

シンガポール便が出発する羽田へまずは移動します。ちょうど、ある知り合いの方が福岡に移動中という極秘情報を入手していたので状況を確認しながら準備します。

時間を見つつ、慌てて還元のやつを作成します。

急いで福岡空港に行き、どうにかお出迎えをすることができました。到着が遅れ、自分の搭乗もありお出迎えできないかもとなりましたが、どうやらお出迎えした方が乗ってきた機体にのって東京にいくということで私の出発も遅れました(笑)

福岡→東京便の優先搭乗はいつもの通りかなりの混雑でした。

国際線へ乗り継ぎ

羽田空港第2ターミナルに到着後、そのまま国際線ターミナルへ移動します。

国際線ターミナルへはANAのバスを使って移動します。無料です。

普段、バス移動をすることがないのでこれはこれで楽しいです。ただし思ったより第2ターミナル→国際線ターミナルの移動(バスの待ち時間含む)は時間がかかるんだなと感じました。

仕事終わりでご飯がまだだったので、ANA LOUNGEでカレーを食べながらシャワーの順番待ちです。

残念ながらシャワーの順番は回ってこず、時間切れとなりました。

東京羽田(HND)→シンガポール(SIN)

2時間ほど、ラウンジで過ごした後、搭乗です。

羽田発シンガポール行き、NH843便でシンガポールに向かいました。羽田を24時30分に出発する深夜便で、地方からでも仕事終わってから余裕を持って搭乗することができます。

修行でお世話になった方も多いのでは無いでしょうか。

今回の機材は、B787-9でした。ビジネスクラスは、スタッガードシートと呼ばれるフルフラットシートです。人生2度目のビジネスクラスかつ初のフルフラットシートでした。

小柄な私にとっては十分すぎるほどのスペースです。足を伸ばしてもまだ余裕がありました。

モニタも大きく、綺麗なのが気に入りました。

シンガポールへむけて出発です。1杯だけアルコールを飲んで熟睡しました。フルフラットシートは初めてでしたが、普通に熟睡でして感激でした。そもそも小柄なのもあり非常に快適でした。

深夜便と言うことも有り、夕食はなかったので朝食はたべようと、起こしてもらうようにオーダーしていました。フルフラットシートが層状以上に快適で、そのまま寝ていたかったですが(笑)

無事にシンガポール到着

睡眠不足で少し眠かったですが、無事にシンガポールに到着しました。初めて787-9のビジネスクラスを利用しましたが、多くの人がこの機材を選択する理由がわかりました。

空港からは配車アプリ「Grab」を利用して移動しました。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事