GmailからGoogleカレンダーへの予定の自動追加設定をオフにする方法

GmailやGoogleカレンダーを利用している人も多いと思います。GmailとGoogleカレンダーの連携機能でGmailからGoogleカレンダーへ予定を自動的に追加してくれるというものがあります。

今回は、その設定に関して説明します。




Gmailからの予定の自動追加機能

Googleカレンダーには、Gmailを参照して自動的にスケジュールをカレンダーに追加してくれる機能があります。

宿泊予約の確認メールや、フライト予約の確認メールを元に自動的にGoogleカレンダーに予定を追加してくれるというものです。

実際に追加された予定と元のメール

実際に自動的にGoogleカレンダーに追加された予定とその元になったメールをお見せします。

まずは、Googleカレンダーに追加された予定です。Gmailの内容から自動的に作成されたものです。

以下が、おそらく元になったメールです。このメールから上のように必要な情報のみを抽出してくれます。この例は、ANAですが、ほかにも楽天トラベルのメールなんかでも予定が追加されます。

ホテルの予約メールなんかの場合は、ホテルの場所も読み取り、Google Mapsも連動し、宿泊先が表示されます。これは本当に便利な機能です。事前準備いらず、旅先に行ってGoogle Mapアプリを起動すれば宿泊先にピンがたっています。非常に楽です。

完璧ではない。変更は苦手な模様

通常の旅行では、そこまでフライトの変更やキャンセルはないと思います。しかし、マイラーの世界は話が別です。1回、2回の予約変更は当たり前。最初の予約っていつの日でいれたのか分からなくなるくらい変更したという話も聞きます。

そういった状況も完璧に対応してカレンダーの予定の削除や変更をしてくれればいいのですが、そうはいきません。1回追加された予定は、基本的に削除や変更は行われないようです。

上で示したサンプルフライトも実は結局購入はしなかったので登場はしません。でもGoogleカレンダーには今でも残ってます(自分で消すことはできます)きっと、前日に通知が来てびっくりします。便利な反面、手間や勘違いの元にもなってしまいます。

自動追加を無効にする方法

設定すれば、無効にできるんだろうなと思いながらも面倒で放置していました。しかし、最近、フライトの変更をすることも増えて予定の管理がし辛くなったため無効にしました。

設定は、Googleカレンダーの設定から行います。Gmailからではありません。iPhoneアプリや、MacのiCalなどで利用されている方は、今回だけはブラウザからGoogleカレンダーにアクセスしてください。

Googleカレンダーの設定の全般→Gmailからの予定を進みます。自動的に追加のチェックを外すと、今後自動的にスケジュールが追加されることがなくなります。







フォローする