f:id:ttrip:20170917120050j:plain

先日、香港へ旅行で行ってきました。その際、香港国際空港の優先レーン(フリークエントビジターeチャンネル)の利用申請を試みた際の話です。

香港国際空港のe-Channelの申請

香港国際空港についた時、ANAプレアムメンバーのサービス案内に、香港国際空港の記載があったことを思い出しました。

香港国際空港の出入国手続きにおいて優先レーン(フリークエントビジターeチャンネル)がご利用いただけます。ご出張やご旅行など香港への渡航が多い方に、とても便利なサービスです。

サービス詳細|手続きをスマートに|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

この優先レーンは、e道(e-Channel)と言うらしく、手続きが必要です。

香港国際空港に到着し、e-Channelの事を思い出した私は、入国審査の前で調べ始めました。

香港と言えばということで、いつも勝手に参考にしている、 @kana_malu さんの記事を今回も参考にさせていただきました。 

入国審査を通過し、直ぐに右か左に行く!読まなかったらそんなこと気付かず荷物を受け取っていたでしょう。記事に感謝しながら、申請に向かいます。SFC会員である両親も一緒に向かいました。そうすると数人が椅子に座っていて、1人申請中でした。中を覗くと、待っててと合図されたので、列に並んで待っていました。

すると、申請の担当の人が出てきて、「そこで待ってて」と言い残して、申請中だった人といっしょにどこかに行ってしまいました。待ってと言われたので待っていたら、別の入国審査官の人たちから、「もう申請時間は終わったから帰って」と言われました。時計を見ると、ちょうど23時過ぎ、案内にも23時までと書いてあります。しかし、係の人はそこで待っててと言い残したまま帰ってこない状況でモヤモヤしながらも申請はあきらめました。

香港国際空港のe-Channelの利用申請は、次回の宿題となってしましました。e-Channelの利用申請を考えている方は、フライトの到着時間に気をつけてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事