• 旅の記録
    【ドイツ】フランクフルト空港でRIMOWAを買う方法(購入〜免税手続き)
    2018年2月18日
  • 旅の記録
    配車サービス「Grab」の利用方法とマレーシア・クアラルンプールでの利用レポート
    2018年3月14日
  • 旅の記録
    配車サービス「Grab」の利用方法と実際にシンガポールでの利用レポート
    2017年3月1日
  • ポイント
    【i2iポイント】初めての1枚にオススメ!三井住友VISAデビュープラスカードの発行・利用で16,600円相当還元!
    2018年5月8日
  • ANA
    ANA VISA nimocaカードを徹底解説!新たなANAマイルへの道「ニモカルート」誕生
    2018年1月10日
  • ポイント
    5月から大きく変わる!JALマイルを貯める!交換レート80%を実現する「モッピールート」を解説!
    2018年4月27日

ANAの「国内線ラウンジご招待キャンペーン」が対象空港が大幅に拡大されます。

国内線ラウンジご招待キャンペーンとは

国内線ラウンジご招待キャンペーンとは、ANAの国内線に指定運賃で一定回数以上搭乗すると国内線のラウンジを利用する事ができるキャンペーンです。

ラウンジ利用までの流れ

ラウンジキャンペーンで、ラウンジを利用するまでの流れは大まかの以下の3つです。

まず、キャンペーンのエントリが必要になります。

キャンペーンのエントリは以下より行う事が出来ます。

次に、1ヶ月間に国内線ANA便に、指定運賃で3回以上搭乗する必要があります。

ここまでクリアすると、対象の国内線ANA LOUNGEを利用する事ができます。

今年の2月中旬までは、利用できるラウンジが羽田空港のみでした。しかし、2月13日より、全国に対象ラウンジが拡大されます。

対象期間

搭乗回数は、毎月1日〜月末まで集計されます。合計3回以上または10回以上の搭乗回数をクリアすると、翌月の13日〜翌々月月末まで対象ラウンジを利用する事が出来ます。

フライトマイルを事後登録する場合は、翌月の2日までに行う必要があります。

対象運賃

国内線ラウンジご招待キャンペーンにおける搭乗回数にカウントされるのは、すべてのANA国内線への搭乗ではなく、搭乗運賃種別が限定されています。

対象は運賃は、以下の通りです。

ANA国内線運賃 : プレミアム運賃、プレミアム身体障がい者割引運賃、プレミアム特割、片道運賃、往復運賃、出張@割、ビジネスきっぷ、ビジネスリピート、身体障がい者割引運賃、介護割引、特割1、特割3

対象運賃が、普段利用しにくい運賃が多いのがすこしネックです。完全に出張などの利用を狙っていることがわかります。

対象ラウンジ

国内線ラウンジご招待キャンペーンでは利用できるラウンジが限定されています。2018年12月12日までは、羽田空港のANA SUITE LIUNGE(10回以上の搭乗)・ANA LOUNGE(本館南・本館北)のみでした。

2018年2月13日からは、対象ラウンジが以下の用に拡大されます。

  • 羽田空港:ANA SUITE LIUNGE(10回以上の搭乗)・ANA LOUNGE(本館南・本館北)
  • 仙台空港:ANA LOUNGE
  • 小松空港:ANA LOUNGE
  • 伊丹空港:ANA SUITE LOUNGE(10回以上の搭乗)・ANA LOUNGE
  • 関西空港:ANA LOUNGE
  • 岡山空港:ANA LOUNGE
  • 広島空港:ANA LOUNGE
  • 松山空港:ANA LOUNGE
  • 福岡空港:ANA LOUNGE(南・北)

まとめ

ANAの国内線ラウンジご招待キャンペーンを紹介しました。利用できるラウンジが大幅に拡大されたのは、羽田空港以外を利用する場合は非常にメリットではないでしょうか。

しかし、対象運賃に旅割や株主優待割引運賃がないこと、対象空港に新千歳と那覇がないことなどはSFC修行などではなかなか使うことが難しいかもしれません。

出張などで可能性のある方は対象運賃や期間をチェックしてラウンジ初体験をしてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

ANAの関連記事
  • 【ANA】失効する前に交換しよう!アップグレードポイントをスカイコインに交換する手順
  • 【ANA修行】プレミアムエコノミーでのシンガポール往復レポート
  • 【ANA】羽田(HND)→シンガポール(SIN) ビジネスクラス搭乗レポート
  • SFC修行の選択肢が増える「福岡ー石垣」が通年運航へ!「福岡ー宮古」も期間限定で運航
  • 【ANA】フランクフルト往復ビジネスクラスを特典航空券で発券
  • 【ANA国内線】WEB上でWi-Fi機材を確認可能に

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ポイントサイト「i2iPoint」を解説
ポイント
陸マイラーにとってのポイントサイトと言えばハピタスやちょびリッチなどが有名です。そんな中、今後最も使うポイントサイトになるかもしれないポイン...