交換レート80%以上を実現する「モッピールート」を解説!JALマイルも効率的に貯める

これまで飛行機に乗らずにマイルをためるなら、ANAと言われてきました。Tポイントからの移行など多くのポイントとの提携から始まり、今ではソラチカルートと呼ばれる高い交換レートでマイルに交換できるルートがあります。

それに対し、JALマイルへの交換においては、そのような方法(ルート)は存在しませんでした。しかし、2017年の夏、モッピールートと呼ばれる高い交換レートでJALマイルへ交換できる方法(ルート)が誕生しました。

モッピールートとは

モッピールートとは、モッピーにて実施されている期間限定キャンペーン「ドリームキャンペーン」を利用して、モッピールートからJALマイルへの交換レート80%以上を実現することです。

モッピールートの特徴

モッピールートは次のような特徴があります。

  • モッピーからJALマイルに直接交換できる
  • 交換レートは80% or 90.9%
  • 交換上限は実質無し(月間180,000JALマイル)

これらの特徴を中心に、これから詳しく解説していきます。

モッピーへの登録

モッピーへの登録がまだの方は、是非こちらよりご登録ください。現在、冬のWボーナスキャンペーンが行われており(〜1/15)、1,000ptがプレゼントされます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーポイントからJALマイルへの交換手順

モッピールートを用いると、モッピーポイントからJALマイルへの交換レートが80%になります。

  1. 12,000ptを6,000JALマイルへ交換する(交換レート50%)
  2. 4,500pt(スカイボーナス)を獲得
  3. 2で獲得した4,500pt(スカイボーナス)+7,500pt=合計12,000ptを6,000JALマイルに交換(交換レート実質80%)
  4. 2・3を繰り返す

1. 12,000モッピーポイントをJALマイルへ交換

80%〜最大90.2%の交換率を実現するには、モッピーからJALマイルへ交換するポイント数が重要です。

ドリームキャンペーン中、モッピーでは、JALマイルへの交換は、以下の単位での申し込みに限定されます。交換レートは50%となります。

モッピーポイントJALマイル
1,000pt500マイル
3,000pt1,500マイル
6,000pt3,000マイル
12,000pt6,000マイル4,500ptスカイボーナス

つまり、1回目の交換では50%の還元率にしかなりません。

2. スカイボーナス

モッピーから12,000ptをJALマイルへ交換すると、4,500モッピーポイントを獲得することが出来ます。これは、先のステップにおいて、12,000ptをJALマイルに交換した場合にのみ獲得することが出来ます。

3. スカイボーナス+7,500ptを6,000JALマイルに交換

スカイボーナスで獲得したポイントも、通常のモッピーポイントと代わりはありません。つまり、スカイボーナスで獲得した4,500pt+広告利用で獲得した7,500pt、合計12,000ptをJALマイルに交換します。そうすると、最初のステップ同様6,000JALマイルを獲得することが出来ます。

つまり、7,500ptで6,000JALマイルに交換することができます。

6,000JALマイル ÷ 7,500モッピーポイント = 80%

となり、実質80%の還元レートとなります。

80%の還元率を実現できるのは、2回目の交換からとなります。

2・3を繰り返す

スカイボーナス 4,500pt + 広告利用 7,500ptの合計12,000ptを6,000JALマイルに交換した場合でもスカイボーナス4,500ptを獲得することができます。つまり、1度ステップ3まで行うと、後はドリームキャンペーンが継続する限り、ステップ2・3を繰り返すことになります。

15,000pt以上獲得で還元レート最大90.9%

モッピーの「ドリームキャンペーン」は、延長に延長を繰り返しています。加えて最大交換レートも上がり、1月からは最大90.9%の交換レートが可能になりました。

90.9%の交換レートを実現する際も、基本的な手順は前述した通りです。

15,000pt以上の利用でスカイボーナスのpt数がアップ

モッピールートの交換レート80%を実現するのに重要なのが、12,000ptを6,000JALマイルに交換すると、4,500ptがスカイボーナスとして還元される点でした。

1ヶ月間(2/1〜2/28)に、15,000pt分以上の広告を利用することで、このスカイボーナスで獲得できるポイント数をアップさせることができます。15,000pt以上の広告を利用すると、スカイボーナスは4,500ptから5,400ptにアップされます。

これにより、実質12,000pt – 5,400pt = 6,600pt で6,000JALマイルに交換することができるようになります。

交換レートは、実質 6,000JALマイル ÷ 6,600pt ≒ 90.9% となります。

広告利用と交換タイミング

実質90.9%の交換レートには、15,000pt以上の広告利用が必須ですが、広告利用とマイルへの交換のタイミングが少し複雑なので整理しておきます。

  • 15,000pt以上の広告を先に利用
    15,000pt以上の広告を利用後に、JALマイルへの交換を行う場合、2月中に広告を利用しその後2月中にJALマイルへの交換申請を行ってください。
  • マイルへの交換申請を先に行う場合
    2/1〜2/15にJALマイルへの交換申請をする場合、その後、2/15までに15,000pt分以上の広告利用を行う
    2/16〜2/28にJALマイルへの交換申請をする場合、その後、2/28までに15,000pt分以上の広告利用を行う

大きく分け、広告利用とJALマイルへの交換申請のどちらを先に行うかで扱いが異なります。オススメは、15,000pt分の広告を利用し、マイルへの交換申請を行う順番です。これなら、月末までに行うというルールだけので簡単だと思います。

2月の条件クリアは現実的

2月より、JALマイルへの交換レート90.9%の条件が対象広告の利用から15,000pt分以上の広告利用へと変更されました。

これまでの対象広告はクレジットカードやローンが中心で月に2件利用する事は難しい状況でした。それに対し、対象の広告の制限はなく、モッピーに掲載されている広告ならどれでもよく15,000pt以上の利用という2月の条件は非常に達成しやすいのではないでしょうか。

モッピールートの交換上限

モッピールートの交換上限を説明します。

モッピーからJALマイルへの交換は、交換から交換までの間を24時間以上、間隔を空けないと行けません。つまり、月に約30回交換可能ということです。

6,000JALマイル × 30 = 180,000JALマイル

となり、月間約18万マイルが交換上限となります。上限まで交換するには、約225,000モッピーポイントが必要になります。しかし、スカイボーナスのポイントが付与されるまでもすこし時間がかかるため、実際はより多くのモッピーポイントを保有していないと上限18万マイルの交換は無理だと考えられます。

総合的に考えると、ほぼ上限無しで交換できると考えていいでしょう。

モッピーポイントはソラチカルートでANAマイルにも

ここまでモッピールートによるJALマイルへの交換手順、80%の還元レートについて説明をしました。ちょっと鋭い方なら、モッピールートを利用していると、最後には4,500ptのあまりが発生する事に気付くと思います。

最終的に余った4,500ptもJALマイルに交換するのももちろんOKです。しかし、モッピーは.moneyへのポイント交換が可能なため、現金化したりソラチカルートでANAマイルに交換することも可能です。

モッピーポイントもソラチカルートでANAマイルに

モッピーポイントは、下図の様に.moneyを経由してソラチカルートに乗せることが可能です。モッピーでポイントを貯めるということは、モッピールートのためだけでなく、ソラチカルートのためにもなるのです。

要するに、モッピーでポイントを貯めると、JALマイルにもANAマイルにも効率的に交換することができます。

モッピールートとソラチカルートの違い

最後に、モッピールートとソラチカルートの違いをまとめました。

ソラチカルートモッピールート
交換に必要なクレジットカードANA To Me CARD PASMO JCB
利用可能ポイントサイト.money・Pexへ移行できるポイントサイト全てモッピー
交換上限18,000ANAマイル/月180,000JALマイル/月
移行までの期間最大2ヶ月最大1ヶ月ほど
期間限定現在の所なし〜2018/2/28
(何度も延長の実績あり)

モッピールートがソラチカルートと比べて大きく異なるのは、ポイントサイトがモッピーに限られる点です。モッピールート自体がモッピーのキャンペーンを利用したもののため当然なのですが、マイルへ交換する原資=ポイントを貯めるのがモッピーのみで行うため難しいというデメリットがあります。

それに加え、期間限定キャンペーンという点も気になります。これまで延長を重ねてきていますが、3月以降も延長されるかはわかりません。これに関してはソラチカルートもいつ改悪されるか分からないという意味では同じですが。

モッピールートのソラチカルートに対する大きなアドバンテージは、交換からマイル付与までの期間の短さと交換上限です。ソラチカルートの大きな欠点が交換されるまでの期間の長さと交換上限でしたので、これらの観点ではモッピールートにアドバンテージがあると言えるでしょう。

まとめ

モッピールートについて解説を行いました。モッピールートの交換レート実質80%の実現方法が最初よくわから無かったため、そこを重点的に説明してみました。

このモッピールートがいつまで続くかはわかりません。モッピールートが利用できる限り、モッピーポイントはどんどんJALマイルへ交換していきましょう。